妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

 

葉酸サプリを取り過ぎない事が、実は大切なんです。

赤ちゃんを待ち望む女性なら周知の事実かもしれませんが妊活の際には葉酸がとても大切であるという事は厚生労働省も、認めています

では、葉酸にはどういった効き目や機能があるのでしょうか?よく目や耳にするのは、「神経管閉鎖障害」になる危険度をだいぶ減少させることができるという事ですこれは厚生労働省のサイトに書かれているのでよく聞かれるのだと思います。

ちなみに、葉酸が実際に体内で果たすべき仕事は血が体で生成される際に補助する事と、DNA掛け合わせ、細胞分裂を補助する事になります

この働きは、胎児がお腹の中で成長していく過程で重要な役割りを果たします胎児に必要な栄養素や酸素を運搬するのが血液ですし、何より、肉体や内臓を各々作り出していくのが細胞分裂になります。

しかし葉酸は、いつもの食事だけで1日に必要な葉酸の量を取ろう思うとどうしても難しいです。ですから、補助としてサプリメントを使用する事が勧められていますそして、葉酸を取る補助役のサプリメントとして、このショウガ葉酸も作られたのです

世間に出回る情報の断片だけを見ると、「妊活の時は差し当たりに葉酸を取っていれば問題ないのね。」思いがちですがそれは少し違います。

葉酸だけでなくどんなものでもそうですが、必要以上の過剰摂取は、危険が伴ったり、副作用が起きてしまったりするのです。勿論、すでに一般的な知識となっている葉酸もそこには含まれてきます

私たちは、こんなにも世間一般で当たり前とされる葉酸の知識にも落とし穴があるのだ。という認識を皆さんに持ってもらい、その危険を避けるために作られたのがショウガ葉酸であるという事を知ってほしいのです。

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

どの時期まで葉酸サプリは飲むべき

妊娠において葉酸サプリが極めて大切であることや、妊娠の始めと妊娠後期では、飲むべき量も変わってくることはご理解いただけたかと思います。

では、葉酸サプリを飲むべき時期はいつまでなのでしょうか?「サプリの量を移行するタイミングや、いつ頃終わりにするのかを、私が決めてしまって大丈夫なの?」と思っちゃいますよね?

そこで、妊活中〜妊娠4ヶ月までの物と、妊娠4ヶ月以降に飲むもの。ショウガ葉酸はきちんと前期後期に分けて準備しました。

妊活中〜妊娠4ヶ月まで飲むものには400葉酸が入っていますそれ以降に飲むものには、240の葉酸をいれましたこれはきちんと厚生労働省が勧める規定を守った配分になっています。

そして、ショウガ葉酸の量を変えるべき時期を、メーカーの方できちんと把握し管理してくれていています

(ショウガ葉酸を買われる事前に、状態などを伺います。) ですから利用者が、わざわざ業者にコンタクトを取ることなく、業者の方が必要なタイミングで葉酸の量を変えた品物に変えてお届けします。そのため、妊娠か月の頃に利用者の手に届く葉酸はすでに妊娠後期に飲むべきショウガ葉酸に変更されています。

ちなみに、厚生労働省は葉酸のことについてだけでなく、鉄分の量についてなども必要とされる量の基準をだしています。これもやはり、妊娠の始めの頃と、妊娠の後期だとその量が変わり、その差は2倍にもなります。ですから、その基準に沿って、ショウガ葉酸は後期のものを2倍にしています。他に配合されている栄養素も、それに沿った量で考えられています。ただ、食品から摂取しやすい栄養素に関しては、それを取りすぎないようにするために、入っている量が基準よりも少ない量になっています。