妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

 

葉酸の量には、その時期によって適正量があるのです!

ショウガ葉酸が人気となっている秘密は、特徴的なシステムです。

妊活時期と妊娠中期と後期の2種類に分かれていて、きちんと状況に合わせて配送するショウガ葉酸を切り替えてくれるんです!

なぜ、分ける必要があるのか、というと、妊活から妊娠は体に大きな変化が生じます。そのため、当然必要な栄養素の分量が違ってくるからなのです。

2種類に分けることによって、それぞれの時期に適切な成分を摂取することができます。その大きな違いは葉酸の配合量です。

葉酸の摂取量は、きちんと厚生労働省で推奨摂取量が決められています。

妊活期が400μg、妊娠中期から後期にかけては240μg必要となり、妊活期に比べると妊娠中期から後期はかなり必要量が減っていることがわかります。

ショウガ葉酸はこうした推奨摂取量に合わせて、葉酸が配合されているので安心なのです。ではなぜ葉酸の量が決められているのかというと、妊娠中期から後期にかけて葉酸取りすぎると胎児に影響があるからなのです。

最も大きな影響としては、生まれてくる子供が喘息になる可能性です。このように、オーストラリアの研究論文では、母体にも「悪性貧血の発見を困難にする」ことや「直腸癌のリスク増加」といった問題が生じることを指摘しています。(出典先)

 

葉酸の量を調整してくれる、ショウガ葉酸サプリ!

最近では葉酸の取り過ぎは危険だ!と不安を煽るような記事をよく見かけますが、取り過ぎなければいいだけのことです。

ただ、一般の葉酸サプリでは時期によって分けられていません。継続購入するとただ単に同じ成分量の商品が延々と届くだけです。これはよく知られた大手の葉酸サプリでもなのです!

さらに、推奨摂取量を把握している女性が少ないことも現実問題です。

そこで、ショウガ葉酸は、きちんと利用者状況に合わせたサプリの配送ができるシステムを作り上げました!

利用者のことを第一に考えているので、購入時に妊活中であれば「前期」と呼ばれる妊活中から妊娠4ヶ月までに必要な葉酸が配合されている商品を届けてくれます。

その後、妊娠したことをご連絡いただくと、きちんと妊娠中期から後期にかけては葉酸が減らされた「後期」と呼ばれる商品を届けます。

切り替え時期を自分で手続きする必要はなく、きちんと購入時に状況を入力していたり、継続中に妊娠した際にもはっきりとした週数を伝えておけば自動切り替えとなります。

また、葉酸意外にも妊活中と妊娠時期によって必要な栄養素が変動します。

例で言えば、妊活中は鉄分やビタミンCはそこまで必要にはなりませんが、妊娠中期から後期はたくさんの血液が必要となるので、鉄分もビタミンCも多く必要となります。

こうした変化にも適応してくれるのが、ショウガ葉酸の大きな魅力です。

今まで大きく取り沙汰されたことのない、妊活中や妊娠時期に必要な栄養素や葉酸の量などの問題をクリアしている、ショウガ葉酸は女性の味方と言えます。