妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

取り過ぎた葉酸は排出されない?

厚生労働省が勧めている栄養素の葉酸には推奨摂取量があるのですが、ショウガ葉酸はこの推奨摂取量に厳密に従った葉酸サプリなのです。

成人が摂取すべきとされる1日の葉酸推奨摂取量は230250μgですが、妊娠をする数カ月(妊活時)~妊娠3か月位の時期は通常摂取量400が必要とされるそうですし、妊娠4か月目~正産期でさえ、通常摂取量+240が必要になってきます。

過剰摂取した葉酸は基本的には体の外にきちんと出されます。
また葉酸はサプリメントから摂取することが望ましいと、厚生労働省でも発表されているのですが、サプリメントで摂る葉酸には特徴があるのです。


食べ物から摂取する葉酸の場合、摂り過ぎた葉酸は体外に排出されます。
ところがサプリメントから摂取した葉酸の場合、血中の葉酸濃度がある一定を超えてしまうと、必要以上に体に蓄えられてしまうのです。


そのため、葉酸サプリメントは摂り過ぎないことが重要なのです。ショウガ葉酸は、葉酸の取り過ぎを防ぐために、妊娠の状況に合わせた2種類の配合を用意しました。またそのタイミングを合わせてお届けすることもできるようにしたのです。

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

葉酸の過剰摂取の危険性

葉酸の推奨量が妊娠した際の始めの頃と、妊娠後期で変えられているのは何故なのでしょうか?

実は妊娠の後期になっても始めの頃と同じ量をずっと摂取していると、母体に発熱やじんましんなどの疾患が現れる事もありますし、母親だけでなく、お腹の子供が産まれた後に、子供に喘息症状のリスクがあるとされているのです

オーストラリアの研究論文英語の資料

リスクがある事とともに、公的にも、妊娠の初期と後期では葉酸の必要摂取量は変わるとされています。しかし、葉酸のサプリメントを販売する側は、そのポイントをこれまで軽視してしまっていたと思います。

大抵の葉酸サプリは、妊活、妊娠中であるという事しか考えられていないため、葉酸サプリの量も同じ量のものが提供されます。もし、定期販売で買ったりすると、妊娠中ずっと、同じ内容の、葉酸サプリを購入することになるのです。

ショウガ葉酸はそのような取り過ぎを防ぐため、定期購入の場合お客様の状況をお聞きします。それを元にお客様の状況を把握し、適切なタイミングでショウガ葉酸を切り替えてお届けします。

体外に出されるから摂取していい…という問題ではなく、取らなくていいならそもそも取らないでいるほうがいいだろう。という考え方に基づき、ショウガ葉酸は生み出されました。