妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

 

女性の身体には「冷え」が大敵?妊活には温活が大切

妊活には温活が肝心で、温活すなわち妊活といっても過言ではないほどです。ここでは、その結び付きの理由を紐解いていきましょう。

身体の冷えは、妊活をしたい方にとってたくさんの不調をきたす原因となるのです。そこで妊活をする上で、身体の冷えを防ぐことに取り組むスタンスが大切になります。温活とはそれらを考える姿勢や、実行することを指します。

身体が冷えると腸の動きが鈍くなり、便秘や下痢などの不調があらわれます。

身体の冷えは女性の大敵である血行不良にもつながります。血行不良による問題の代表は、なんといっても肌荒れではないでしょうか。細胞の機能が低下することで起こり、これは血行不良が原因でターンオーバーのサイクルが乱れることが原因です。

また血行不良は、血液を大量に消費する生理や排卵などの妨げとなります。これにより、妊活をおこなう女性にとって血行不良が大きな不調をきたすことが分かります。

昔から冷えは万病の元という言葉がありますよね。子どもを産むという女性最大の役目に悪影響を与えるのは「冷え」だと判明していたため、こと女性に関しては、身体を冷やさないように言われ続けてきました。

子どもを産むことが最大の役目という考えが今も通用するかは疑問ですが、妊活や妊娠中に「冷え」てはならないという認識は今も昔も変わりません。

つまり先人からバトンを託された知恵として「温活すなわち妊活」の認識が今も継承されているのです。

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

ショウガオール成分を含むショウガ葉酸は温活にもってこい!

先人から継承された知恵のひとつとして、身体を温める色々な食材や成分があります。これも温活には非常に大切なことでなのです。

現代の食材には化学物質がありますが、昔は自然由来の成分しか存在しません。目的が妊活であれば、自然成分の摂取が好ましいですよね。ショウガはその成分のひとつです。

現代では、ショウガには身体を温める効用が二通りあることが分かっています。これは科学の発達によって判明しました。

二通りの成分ともに身体を温める効用が認められています。それはジンゲロールとショウガオールで、それぞれ「温め方」が異なるのです。

ジンゲロールには発汗作用があり、身体の末端を温める効果がある反面、身体を冷やしてしまうこともあります。血行促進をはかり、身体の深部にある熱を手先や足先に運ぶために起こります。

もう一方のショウガオールは身体の冷え解消に優れています。胃や心臓の血液量を増やし、身体の深部に熱を生み出すことで身体を内側から温める効用があるのです。

ショウガオールは非常に壊れやすく、抽出するには加熱が欠かせません。ショウガ葉酸は、ショウガオール成分の含有量が高い「黄金(こがね)ショウガ」を採用しています。そして、低温で慎重に抽出をおこなう「蒸しショウガ製法」を導入したことで、1粒で一段と大きな効果を得られるのです。

手間ひまをかけて先人から継承された自然由来の成分を抽出し、出来上がったのがショウガ葉酸です。