妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

 

体の冷えは問題が山積み!温活と妊活について

妊活をよりスムーズにするためには、温活がポイント!というのは、誰でも一度は耳にしたことかもしれません。しかし、なぜ必要なのか?という点に関しては、詳しく知っている人は少ないと思います。そこで、温活と妊活の繋がりについて解説していきます!

まずは、温活は何かという点をご説明します。

簡単に言えば、体の冷えを解消させるために行動することを指します。体の冷えは、腸の活動が悪くなってしまい、通じが悪くなります。通じが悪くなると、肌の調子も悪くなってしまうので女性にとっては良い影響はありません。

また、血行不良を起こすことでも知られていて、細胞を衰えさせてしまいます。体の冷えで最も妊活に関わる悪影響は、結構不良です。妊娠する準備として必要な生理や排卵などは、とても多くの血液量が必要になります。

なので、血行不良になればその分スムーズな妊活がしにくくなるということです。

そもそも、昔から女性は体を冷やしてはいけないというようなことが言われてきました。

なぜなら、昔は今のように女性が社会に出て働く時代ではなく、妊娠し無事出産することが女性の大きな仕事だったからです。その仕事を邪魔するものが「冷え」だと昔の人が自然と理解していました。

そのため、現代ではだいぶ女性の役割は変化していきましたが、妊娠に大敵なものは冷えだということは変わりありません。温活という言葉ができる前から、妊活とイコールだと昔の人から受け継がれてきた知識だと言えます。

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

 

ショウガオール配合のショウガ葉酸は温活に効果絶大!

温活の効果を得るためには、体の中から温めてくれるような食べ物を摂る必要がありました。サプリメントなどがない時代は、当たり前のように自然の成分をしっかりと摂取して冷えから体を守ってきました。

サプリメントが普及している現代では、科学物質を配合して作っているものもありますが、妊活という視点で考えると、昔のように自然の成分が望ましいです。

冷えから体を守る成分の一つにショウガがあります。

昔から、風邪をひいた時などは生姜湯を飲んだりしますよね。現在、ショウガ成分の働きがどのように体に作用しているのかはっきりと明確になってきています。

そこでわかったことは、ショウガには2種類の違った温め方が存在しているということです。

2種類というのは、ショウガオールとジンゲロールという成分で、体を温めるという部分では同じですが、温め方という部分では明確な違いがあります。

ジンゲロールは、血流を促して体の奥深くにある熱を手足に行き渡らせてくれます。

なので、全身が手足の末端部分まで温められることがメリットではありますが、その分熱が分散されて体が冷えやすいというデメリットもあります。

一方でショウガオールは、胃や心臓に作用する成分なので、体の奥深くに熱をじっくりと作り出してくれます。こうした作用から、より体を温めてくれるのはショウガオールの方が効果が高いと考えられています。

しかし、ショウガオールは熱を加えないと抽出することができないですが、とても壊れやすい成分なのです。

そこでショウガ葉酸では、蒸しショウガ製法という独自の方法を使って低温でじっくりとショウガオールを抽出しています。

さらに、使用しているショウガも特にショウガオールがたくさん含まれていると言われている高知県産「黄金ショウガ」を原料に採用しているので、非常に良質なショウガオールが1粒に配合されています。

手間ひまかけて丁寧に抽出した自然の成分をショウガ葉酸は1粒に配合しているので、効率的にショウガオールを摂取することができるんです。