妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

 

葉酸サプリはいつまで飲むの?

葉酸サプリが必要な栄養素だということはわかりました。で、妊娠前と妊娠中で飲む量が変得なければいけないこともわかりました。

じゃあ、葉酸サプリはいつまで飲むの?切り替えどきとか、やめ時って自分で決めなきゃいけないの?ということが気になりますよね。

まず、ショウガ葉酸には妊活中〜妊娠4ヶ月用と妊娠5ヶ月以降用の二種類を用意しました。

妊活中〜妊娠4ヶ月用には、葉酸を400㎍配合。

妊娠5ヶ月以降用には、葉酸を240㎍配合。

厚生労働省の推奨量を守った分量を配合しています。

またショウガ葉酸は、切り替えが必要なタイミングをメーカー側が事前に把握しています。

(ショウガ葉酸の購入前に状況をお聞きします) そのため、ユーザーが切り替えの連絡をしなくても、必要量自動的に切り替えて発送します。ですので、妊娠4か月を過ぎた頃手元に届けられるのは後期用のショウガ葉酸となるのです。

前期用と後期用のショウガ葉酸は葉酸の配合量だけでなく、鉄分の配合量も変えています。後期には前期の2倍以上の鉄分を配合しています。これも厚生労働省の推奨量に沿ったもので、他の栄養素の配合量も準じています。

ただし、一部の栄養素は食品から取る可能性が高く、過剰摂取を防ぐため配合量を推奨量より少なめに調整しています。

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

 

温活と妊活にも最適なショウガ葉酸

今一般的に販売されている多くの葉酸サプリは、妊活に必要な栄養素を網羅することで良しとされています。もちろんそれはそれで問題はありません。

ショウガ葉酸も厚生労働省の推奨栄養をもれなく配合しています。ただし、配合量を厳密に考えているという点で違いはありますが。

ただ、妊活というのは「赤ちゃんを授かるため」ということを考えると、栄養素の寄せ集めでいいのか?という事に気が付いたのです。

昔から、授かるためには身体を冷やさないことが大切だと言われてきました。それは現代でも変わりません。今は妊活には温活が大切と言われているのです。

そう、妊活には温活がポイントなのです。温活とは日頃から意識して身体を温めること。ショウガ葉酸は温活を意識した成分を配合したのです。

その成分にはショウガオールを選びました。同じショウガでも生のショウガでは、身体の中心の熱を手足を温めるため移動させる成分が含まれているため、ショウガ粉末から身体の深部を温めるショウガオールを選んだのです。

温活の本当の意味として、血流の回復ということがあります。血流の正常化は健康の基礎ですが、妊活や妊娠にはとても大切な意味があるのです。

ショウガ葉酸は、妊活本来の意味を真っ直ぐとらえて開発されたのです。